バイオリンの普段の練習や体験談

働き始めてから、他県在住のバイオリニストの方に、自分の自宅や楽器店の空き教室(有料)などで習いました。
お月謝は1回5000~6000円、教材は楽譜1冊2000円程度だったと思います。
レッスンを楽器店の教室を使うときは、その分の費用がかかりました。
それとは別に、年に1回お弟子さんたちの発表会があり、その費用もかかりました。

左手で正しい場所を押さえないと音が外れるので、まずは左手のポジションばかり練習しました。
初心者は自分で調弦するのが難しいので、調弦するのにまず時間がかかります。
チューナーに頼りながら、G線から順に合わせていくのですが、ほんの少しずつでも調弦にかかる時間が少なくなっていくと、それだけでも上達しているような気になります(笑)。

先生は、音が外れるのは気にせず進めていくのですが、本人としてはなんとも気持ち悪い曲になってしまった感覚が抜けません。

安いものでよければ、6~7万円程度で一式そろうので、働いてからの趣味としては十分です。
が、こどもにさせるとなると・・・。

体が大きくなるとバイオリンも大きいものにかえなければならないので、その出費を気にならない経済力があるなら、習わせてみたいです。

練習は、音階と、指を動かす練習と、曲らしいものの3種類をやります。
ある程度弾けるようになるまでは、隣の部屋の方に聞こえないよう窓を閉めたり、人が少ない時間帯にしたりしました。
消音機もあるようですが、使ったことがないのでわかりません。

発表会は、個人で1曲、発表者全員での演奏が1曲です。

初心者からアマオケに入っている人まで、レベルがバラバラなので、初心者としては申し訳ない限りで合奏しましたが、先輩方が「昔この曲やった」とか「合奏のときはこうやるとよい」と気さくにアドバイスしてくれたので、普段先生との個人レッスンしかしていない者としては、部活のようなノリで楽しかったです。

また、発表会では先生も2曲ほど弾いてくださるので、先生のミニコンサートのようなお得感がありました。
もともと、その先生の音色を聞いてバイオリンをやりたいと思って始めたので、毎年1回、自分のモチベーションアップにもつながりました。

バイオリン、楽しいです。
相変わらず下手ですが、弾くのはとても楽しいです。
当たり前のことですが、バイオリン1台1台の音色が違いますし、弾く人によっても音色が変わります。
そして、たくさんの曲がある。

そのバイオリンで、その人が、その曲を弾く。
実際に目の前で(テレビやCDではなく)生の演奏を聴けるのは、とても貴重な体験なのだと感じるようになりました。
バイオリンに限らず、いろいろな音楽や、経験をそのように感じるようになりました。

頭を賢くする幼児教育

キッズアカデミー



3歳〜難関中学受験を目指す家庭が多く通う教室。

無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする右脳教育レッスン。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験可能。