教室名:さわの楽器
住所:   三重県伊賀上野東町2945
電話番号:0595-21-0013
サイト:http://www.sawanogakkiten.net/
習い始めた時期:  6 歳 2ヶ月
月額費用と教材費:6000円月三回教材費は本代のみ

バイオリンの普段の練習や体験談をお聞かせ下さい。

子どもがテレビでバイオリンを弾いてるのを見て、バイオリンを習いたいと言ったので近くの教室を探して習わせてみました。
バイオリンのほうはさいわいお友達のところに、分数バイオリンを持っている方がいらっしゃったのでレンタルさせてもらうことにしました。
まずは、初歩のバイオリン教本からと子供にもなじみのある曲から始まりました。
数か月するとちゃんとした音にはまだまだほど遠いものの、一曲ひけるようになり子供も弾けたことにより自信が出たのか習うことが楽しくなってきたようでした。

それに、先生もまったく厳しく練習しなさいとはおしゃらないので負担にならずレッスンに通えました。
普段練習は、毎日弾くようにとは思うもののピアノやエレクトーンと違ってふたを開ければ即弾けるというのではなく、
松脂を弓に塗って、各弦の音をあわせてからやっと弾けるのでなかなか毎日はひけません。

気分のよさそうな時を狙って、「練習しようか」と声をかけています。
集中力も長くは続かないので、一曲を4回から5回弾くのが精一杯です。
土日のお休みと、レッスン前にもう少し多めに練習させます。
発表会まえになると、みずからこちらが何も言わなくても頑張って練習してくれます。

費用の面でいうと、レッスンの費用はそんなに高くないと思います。
ほかの楽器も習わせていますがそちらの方が、レッスン料も発表会にかかる金額もはるかに高いです。
しかし、楽器の方にお金がかかるかもしれません。

子どもなので、身長にあわせた分数バイオリンを使用しますが成長が早く身長が伸び盛りのときは、1年しかたっていないのにバイオリンを買い替えないといけないこともあるので、小さいうちから習わせたいけれどもある程度の身長になってから習ってみるのもいいかもしれません。

バイオリンもお値段はピンからキリまであるので、身長が伸びて分数バイオリンを卒業したらある程度のお値段のバイオリンを買ってそれまでは、価格の手ごろなものを使うという方法もあります。

現在までに日本製の普通の価格のものと、外国製の低価格のものを身長に応じて買い替えました。
その総額は、8万円くらいです。

そのほかに、お友達に小さいバイオリンを2度レンタルしてそのレンタル料を各1万円はらいました。
楽器を買い替えたりするのに、お金がかかると思われがちですがピアノを習って買うことを思えばそんなに高額に費用がかかるとは思われません。

バイオリンを習ってると、みんなにすごいねって言ってもらえるのが子供には嬉しいみたいです。
手軽に持ち運びもできるし、音色もきれいなので習ってみてよかったと思っています。

頭を賢くする幼児教育

キッズアカデミー



3歳〜難関中学受験を目指す家庭が多く通う教室。

無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする右脳教育レッスン。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験可能。