教室名:広瀬バイオリン教室
住所:熊本県熊本市中央区国府1丁目1の10
電話番号:0963666360
サイト:なし
習い始めた時期:   8歳 ヶ月〜
月額費用と教材費:10000円 実費

私はバイオリンを8歳から就職が決まる25歳まで続けました。普段の練習ではセベシックという教本を使った基礎練習が主でした。セベシックではバイオリンの基礎的な訓練を行います。

正しく音程がとれるように音階を何度も何度も繰り返し練習します。家では母がピアノの先生でしたのでピアノに合わせて30分以上はセベシックの訓練に費やしました。

しかし単調なので小さい頃はずっとセベシックの訓練が嫌でした。曲だけ弾きたいなとよく思っていたものです。後にバイオリン上級レベルになるといかにこの基礎的訓練が今の自分を作っているのかに気づきました。

セベシックなしには名曲に挑むことはできません。この訓練がなぜ重要なのかを教えてもらえていたらもっと嫌々ではなく意欲的に取り組めたかなと思います。セベシックが終わると母に伴奏をしてもらい曲を弾きました。伴奏があったおかげでこの練習は楽しくできました。練習時間は一時間で基礎練習と曲練習が半々くらいです。8歳から25歳まで練習方法はあまり変わっていません。

ずっとバイオリンを続けたおかげで音大に行けるレベルまでにはなりませんでしたが、高校生くらいからはCDなどで耳にしたことがあるバッハやモーツァルト、ヴェリオッティなどの巨匠の名曲を弾けるようになっていました。継続は力なりと思います。しかしこの頃から少しずつ私を悩ますある問題が生じ始めました。

この頃になると和音や曲の速さも早くなり不自然な姿勢で弾かなければならなくなってしまいました。私は極度の撫で肩のため和音などを弾く時には上半身に力が入りすぎ、体も半分ねじれたような姿勢になってしまいます。

次第に肩凝りと肩甲骨の腫れに悩まされるようになりました。すごく辛かったので先生に相談するとストレッチと散歩を勧められました。バイオリニストの本を買って読んでみると同じような症状で深刻に悩んでいる人が多いことを知りました。

さっそく本屋でストレッチの本を買って、練習後に20分くらいするようになるとだいぶん緩和されたように感じました。ストレッチをしても辛い場合は専門家にマッサージをしてもらったり整骨院に行くのも良いと思います。

25歳で就職して一人暮らしをしたためバイオリンはやめてしまいましたがまだ楽器はとっています。もう少しゆとりが生まれればまた始めたいと思います。今子供が一歳なのですが3歳くらいになったらバイオリンを教えたいなとも考えています。

頭を賢くする幼児教育

キッズアカデミー



3歳〜難関中学受験を目指す家庭が多く通う教室。

無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする右脳教育レッスン。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験可能。