教室名:グループプリティ
住所:仙台市若林区南鍛冶町170
電話番号:0222686636
サイト:http://www.group-pretty.com/sp/greeting.html
習い始めた時期:  13歳 ヶ月〜
月額費用と教材費: 5000円程

グループプリティのバイオリンの普段の練習や体験談をお聞かせ下さい。

私がバイオリンを習っていたグループプリティでは、先生の自宅を改装していた教室のためか、休憩中やレッスン後には必ず茶菓子を頂きながらお話をするなどしていました。

練習は毎週月曜日と木曜日の放課後にしていました。バイオリンのレッスンに関してはとても優しく教えてくれました。しかしバイオリンのレッスンとは別で、歌を歌う時間があり、その時間は先生がとても厳しくなるので苦痛でした。大きな発表会は年に1、2回程ありましたが先生の自宅でやる小さな発表会は月に1回必ずありました。生徒の年齢層がとても広く、幼稚園生から祖父母の年代までいました。

自宅で行っていた小さな発表会では、バイオリンやピアノの発表のみならず生徒同士の交流の場としてトランプなどのゲームや年配の方々からのお話等を聞くことがよくありました。

大きな発表会では仙台市のホールをレンタルし、一般のお客様も入る程の大きい発表会でした。グループプリティではバイオリンの他にピアノの生徒もいるので、バイオリンとピアノとでかけ合わせて演奏する組みもいくつかありました。また、発表会で使う曲は自分の好きな曲を選ぶことができ、私はいつもジブリのテーマ等を弾いていました。

先生も生徒のレベルにあった楽譜に書き換えてくれるのでとてもわかりやすく楽譜をよんで弾くことができました。私は、別の教室でピアノを習っていたのですが、先生のご好意により他の生徒さんとピアノで連弾をする等、演奏の場がたくさんありました。

バイオリンの普段のレッスンで一番気にしていたのは、バイオリンの上達などでもなく、レッスンの場が自宅であるということでした。教室と自宅はある程度の仕切りはありましたが、途中で先生の息子や娘さん、近所の年配の方が入ってくるということが何回かありました。

その度に、レッスンは一時中止し雑談に入りました。しかし自宅を改装してやっている以上はこういうことはよそでもあるものだと思い妥協していました。また、グループプリティはピアノとバイオリンの生徒を同じ教室、同じ先生が担当しているので1度休んでしまうと振り替えレッスンがあまりできませんでした。

なので、レッスンの前は体調管理などをしっかり整える必要がありました。最後に、私がグループプリティをやめたきっかけとなったのは、高校で運動部に入り、バイオリンのレッスンが週に1度しか入ることができず、月1の発表会も出ることができなくなり、両方に集中できなくなったからです。

頭を賢くする幼児教育

キッズアカデミー



3歳〜難関中学受験を目指す家庭が多く通う教室。

無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする右脳教育レッスン。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験可能。