バイオリンに限らず、どんな習い事でも続けるには費用がかかります。バイオリンでかかる楽器代やレッスン費をはじめ、どんな費用がかかるのかをまとめてみました。

バイオリンにかかる費用:楽器代

バイオリンと聞くと、楽器にかかる費用が莫大だというイメージがありませんか?例えばピアノですと、一度購入してしまえばその後買い直すということはなかなかありません。対するバイオリンは、成長と共に楽器の大きさを変える必要があります。

楽器が小さいからといって、価格が安いというわけではありません。楽器の相場としては、数万円~高価なものでは1000万超というものまで存在します。子供が最初に手にするバイオリンとしては、10万程度の予算はみておいた方がいいでしょう。

ですが、実際にはバイオリンの先生が楽器屋さんを斡旋してくださったり、バイオリン教室でレンタルして貰えたりすることもあるようです。教室や先生によって異なりますが、最初から何百万もする楽器を買うことは心配しなくても良さそうです。

また、バイオリンは次のものを購入する際、現在使っているものを下取りのようにして引き取ってもらうことが一般的です。質のいい楽器であれば、その楽器は次の楽器へと繋がっていくのです。

バイオリンの選び方

バイオリンの大きさは、身長や年齢によっていくつかの種類があります。これを分数バイオリンといい、大人が使う楽器と比較して“何分の1サイズ”という風に表されます。一番小さいものは、身長が105㎝以下でも使える16分の1サイズ。そこから4分の3サイズまで身長ごとにサイズが設けられているのです。

一般的にはこの身長基準で楽器を選ぶことになりますが、他の条件を考慮すると身長基準の該当サイズとは異なるものが合うこともあります。他の条件とはこのような項目です。
・腕の長さ
・指の長さ(掌の幅)

バイオリンを構える時、左腕を伸ばして弦を押さえますね。先端の渦になっている部分を楽に握れるかどうかが、バイオリンの大きさが合っているかの目安になります。また、指が届かないと音階を弾くことはできませんから、楽器を選ぶときは実際に構えてみることが大切です。

子供服を選ぶように大きめのものを選びたくなる気持ちもありますが、大きさが合わない楽器を無理に弾かせるのはよくありません。その子の今の体型にぴったり合う楽器を選んであげましょう。判断がつきにくい場合は、先生に楽器選びのアドバイスを頂くか、同行して頂くのがいいでしょう。

これは成長して高価なものを購入することになった段階でも同様です。数百万単位の楽器になると鑑定書がつくことが基本ですが、鑑定書がなかったり、鑑定書があっても不備があったりするものも出回っています。そういったものは偽物である可能性も高いです。演奏が上達してきても、楽器選びに関しては専門家の知識と目を頼りましょう。

バイオリンにかかる費用:弓と弓毛代

バイオリンの楽器があっても、それだけで音が鳴るわけではありません。必ず必要なのは弓と弓に張る弓毛です。弓毛は練習すればするほど消耗していくものなので、定期的に張り替える必要があります。弓毛の張り替えに必要な代金は5000~6000円といったところです。

毎日練習するとして、数か月~半年に一度ほどの頻度で張り替えるようにしましょう。それ以外にも毛が切れてしまい明らかにボリュームが減ったり、あまりに汚れがひどいようだったりするなら、その時期を待たずに変えた方がいいですね。

弓は、弓毛を張って弾く上でなくてはならないものです。そして弓の価格もピンキリです。初心者用の分数バイオリンであればセットになっているものがありますが、今後続けていく中でよい楽器を選ぶ際には、どういう弓を選ぶのかも肝になってきます。そのタイミングになったら、専門家のアドバイスを受けるようにしましょう。

バイオリンにかかる費用:レッスン代

バイオリンのレッスンにはどのくらいの費用がかかるのでしょう?子供のレッスン時間は、集中力が続く時間を考慮し1回30分という教室が多いよう。週に1回のペースで習うのであれば、10,000円程度が目安となります。

この金額は初級の子供の場合。レベルが上がり、レッスンの時間を伸ばしていくと比例してレッスン費用も上がっていきます。また、教わる先生によっても値段に差が生じます。

音楽教室であれば、値段は一律に設定されているでしょう。ですが個人の先生に教わる場合、例えば先生がオーケストラ団員や音大の教授であるならレッスンの質の高さが期待できます。そのため1回1時間のレッスンに10000円というレッスンも珍しくありません。

バイオリンにかかる費用:コンクール代

バイオリンを続けていくと、先生からコンクールへの出場を打診されることもあるでしょう。コンクールに出場するためにはこんな費用がかかります。
・コンクールの参加料
・コンクール用の追加レッスン代
・先生へのお礼やお車代
・コンクール用の衣装代

まずはコンクールの参加料です。3歳以上から参加できる日本クラシック音楽コンクールの場合ですと、予選で6,480円、本選で9,720円、全国大会まで進出すると11,880円が参加費としてかかります。小学4年生以上が参加できる全日本学生音楽コンクールの場合、参加料は27,000円となっています。

その他、各地でバイオリンのコンクールは開催されていますが、どのコンクールでも参加費には10000円以上はみておいた方が良いでしょう。日本クラシック音楽コンクールのように、進出と共に参加費が追加でかかってくるコンクールも珍しくありません。

高い実力があっても、コンクールに出場するのは子供一人でできることではありません。コンクール用の臨時レッスンが設けられることもありますし、コンクール当日に先生に付き添って頂くため、お礼や用意が必要になってくるのです。

費用のかかり方はバイオリンとの付き合いかた次第

バイオリンは音楽を楽しむところから始まりますが、趣味として続けるか、コンクールを視野に入れて指導を受けるかでかかってくる費用にも差が出てきます。お子さんの情熱を絶やさないよう、バイオリンを続けさせてあげたいですね。

頭を賢くする幼児教育

キッズアカデミー



3歳〜難関中学受験を目指す家庭が多く通う教室。

無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする右脳教育レッスン。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験可能。